ファクタリングならNSキャピタルマネジメント

0120-009-888(AM9:30~PM6:30)

お申込み・お問い合わせはこちらから

ファクタリングとは

ファクタリングとは、お客様が保有している売掛金を、当社がお客様に対して、償還請求権なしで完全買取し、資金を提供する仕組みです。売掛金を当社が譲り受け、売掛先企業様の支払いサイトの期日前にお支払いします。

※償還請求権とは 支払先が決済期日に支払不能に陥った場合に、それをお客様とファクタリング会社のどちらが負担するかによって、お客様が負担する「償還請求権のあるファクタリング」と、ファクタリング会社が負担する「償還請求権のないファクタリング」の二つに分類されます。当社では「償還請求権のないファクタリング」を提供しています。

ファクタリングは、"沈みゆく会社の延命措置的資金調達"の道具ではありません

昨今のインターネット広告などによる、様々なファクタリング会社によるアプローチで、「ファクタリング=資金調達の最後の手段」というような、誤った認識が広がりつつあります。

ファクタリングに対して、このような認識は大変危険です

場当たり的な資金調達手段としての利用はお勧めできません

場当たり的な資金調達手段としての利用はお勧めできません

・簡単即日

・取引先に知られない

・登記不要

など、資金調達の容易さだけを訴求し、資金調達に窮した企業の経営者の方が、ともすれば「業績が悪くても簡単に資金調達できる手法」という誤った認識を持ってしまうような状況が起こっています。

ファクタリングは、決してそのような、「沈みゆく会社の延命措置」的に利用するようなものではありません。

ファクタリングによる資金調達を行った後、どのように財務状況の立て直しを行うのかの明確な計画がなければ、苦し紛れにファクタリングを利用しても、結果として自分の首を絞めることになってしまいます。

ファクタリングは場当たり的な資金繰りに利用するようなものでは決してないのです。

NSキャピタルマネジメントでは、貴社にとってファクタリングのご利用が結果としてプラスにならないと考えられる場合は、たとえ売掛金の内容が「超優良企業」とのお取引であったとしても、ご利用をお控えいただくようにお勧めすることもあります。

ファクタリングは、あくまでも「経営改善」の手段です

ファクタリングを利用すれば、当然ながら手数料がキャッシュとして出ていきます。従って、手数料を支払ってもメリットが出るのかどうか、当期の利益見込みと債権売却による手数料の損金計上により、納税額がどのように変わるかなど、最終的に会社にお金が残っていく経営になるかどうかを重視する必要があります。

NSキャピタルマネジメントはファクタリング会社の本来の使命を重視します

今後の見通しを含めた、最適な利用方法をご提案します。

NSキャピタルマネジメントはファクタリング会社の本来の使命を重視します

様々な経営上の理由から、一時的なキャッシュ不足を補う対策として利用するにしても、その後経営が上向いていくような利用の仕方をしなくては意味がありません。

NSキャピタルマネジメントでは、顧客企業の財務状況や今後の売り上げ見通し、今期の利益着地などを総合的に勘案し、貴社のファクタリング利用が今後の経営のプラスとなるように、最適なご利用方法をご提案することを重視しています。

ファクタリング会社の本来の役割は、売掛金を上手に活用して一時的なキャッシュ不足を補いながら、資金確保のお手伝いをし、最終的にクライアント企業の経営が良くなり、貯金ができる体制を作っていくことだからです。

ファクタリングを利用するメリット

ファクタリングは、貴社が本来持っている売掛金を早期に資金化し、資金繰りに活用するサービスです。ファクタリングには下記のような様々なメリットがあります。

支払い義務が発生しません

万一、御社の売掛先様が倒産された場合にも一切ご請求は行いません。

万一、御社の売掛先様が倒産された場合にも一切ご請求は行いません

万一、御社の売掛先様が倒産された場合にも当社からのお支払代金につきまして一切ご請求は行いません。
売掛先様の倒産による連鎖倒産を未然に防ぐ役割があります。倒産リスクの回避と資金調達が同時に出来るのが当社の完全お買取りのファクタリングサービスです。

キャッシュフローの改善

早期の資金化により、資金繰りが楽になります。

早期の資金化により、資金繰りが楽になります

早期に売掛債権を資金化することでキャッシュフローが改善されます。
通常であれば締め日と支払日の関係で支払日まで資金が活用出来ていないことになります。 そこで、当社のファクタリングサービスをご利用して頂くことにより、早期の資金化が可能になりますので、支払日前に資金を手にすることが出来ます。

負債になりません

償還請求権の無いファクタリングは「借りない」資金調達です。

償還請求権の無いファクタリングは「借りない」資金調達です

負債にならないことにより売掛金をオフバランスしバランスシートのスリム化になります。
当社は償還請求権の無い完全お買取りになり返済義務がないため、貸借対照表上で負債の計上をする必要がありません。

ファクタリングは、決して「将来の利益の先食い」ではありません。

ファクタリングに関する間違った認識のひとつに、「将来の現金を先食いしてしまう」という考え方があります。ファクタリングと借入を混同して考えていると、このような考えに陥りがちです。

ファクタリングは「前借り」とは違います

ファクタリングは「前借り」とは違います

そもそも「前借り」とは、まだ働いていない分の売上・入金を「借りる」ことです。ファクタリングとは、すでに「働いた分」をすぐにもらうことで資金繰りに自由度を生む行為です。

NSキャピタルマネジメントでは、顧客企業の財務状況の改善を重視していますので、顧客企業の直近の不足資金を補い、将来利益を確保できるようなファクタリング活用を重視しています。

場当たり的にファクタリングを活用して、必要のない分まで早期に資金化してしまい、本来払う必要のない手数料まで発生してしまっては意味がありません。

直近で不足している資金を補うために、すでに「働いた分」から「必要な分だけ」すぐにもらって資金繰りに充当する、というファクタリングの本来あるべき活用方法をご提案します。

ファクタリングには、ニーズに合わせた様々なお取引方法があります

ファクタリングは、売掛債権を保有している貴社と貴社の売掛先、売掛債権を買い取るファクタリング会社(ファクター)の3社間で行う取引です。
ただ、日本では今のところファクタリングという売掛金流動化に対する認知が低く、導入がスムーズにいかない事案が発生するケースもあるため、クライアント企業の事情に合わせたスキームが開発されています。

3社間ファクタリングと2社間ファクタリング

ファクタリングは、通常、お客様と当社、売掛先企業様の3社間で実施します。欧米においては、中小企業の資金調達手段として、不動産担保融資よりも一般的な方法です。当社では、これまでの豊富な経験により、お客様の信用や利益を損なわないよう、売掛先にしっかりとご説明させていただきます。

3社間ファクタリングの仕組み

しかし、日本ではまだなじみのないサービスですので、どうしても理解が得られない売掛先企業様もいます。
その場合は、当社と御社の二社間売買にて成立させるサービスも行っております。

3社間ファクタリングの仕組み

お申し込みの流れ

お急ぎなら最短即日で売掛金のお買取を実行することも可能です。

  • ①ご相談・お申込み

    お電話・メールでお申込みいただけます。
    電話受付:
    AM9:30~PM6:30
    メール受付:
    24時間365日対応

  • ②弊社より連絡・仮審査

    弊社担当よりご連絡を差し上げ、現在の状況・ご希望金額・買取実行のご希望日など、詳細な情報をお電話にてお伺いさせていただきます。

  • ③本審査~結果報告

    売掛先様のご請求書、貴社の決算書等の必要書類をご提示いただき、本審査を行います。貴社のご要望にお応えできる様、可能な限り柔軟に審査を行います。

  • ④ご面談・ご契約

    来社、もしくはご訪問にて代表者様とご面談させていただき、本契約となります。必要書類等をご用意いただき、契約書類の作成後に買取を実行いたします。

※三社間ファクタリングの場合対抗要件を具備するための承諾書を売掛先様より頂き、御社⇔売掛先様⇔当社との三社間でのご契約になります。
二社間ファクタリングの場合御社と当社のみのご契約になります。

ファクタリングご利用条件

NSキャピタルマネジメントのファクタリングご利用条件
ご利用対象者 売掛債権をお持ちの全法人様
(審査対象が売掛先様の為、創業が1年未満・決算が赤字でもお申込み頂けます。)
資金使途 運転資金・支払資金・仕入資金、等(基本的に自由です。)
ご利用期間 ご請求日からご入金日までの期間
(継続してご利用することも可能です。)
お買取金額 売掛先様1社に対して、最低金額10万円~最高金額2000万円までとなります。
複数の売掛先様をお買取りの場合、総額は1億円までとなります。
掛目及び留保金 お買取り対象の売掛金に対しての掛目は約80%~90%です。
残りの10%~20%が留保金となり通常の売掛金のご入金日にお支払致します。
対象売掛債権 全ての売掛債権がお取扱い可能です。
(一部、不可の売掛債権もございます。)
売買手数料 お買取り金額に対して1%~(お取引条件・売掛先様・支払サイト毎にお見積りさせて頂きます。)

【お買取例】買取シミュレーション

3社間ファクタリング・200万円お買取の場合

売掛先様 1社 支払いサイト 2ヶ月 手数料 1% 留保金 10%
手数料 4万円 200万×1%×2ヶ月=4万円
留保金 20万円 200万円×10%=20万円
お買取時の受領金額 176万円 お買取金額180万円-手数料4万円=176万円
総受領金額 196万円 お買取金額180万円-手数料4万円+留保金20万円=196万円

※留保金20万円は売掛先様からの入金後にお振込みとなります。