ファクタリング会社が評価する売掛債権とは

必ずしも売掛先が大企業であるから高評価される、という訳ではありません

こんにちは。
NSキャピタルマネジメントです。
お客様から良くいただくご質問で、
「うちの取引先はみんな規模が小さいから、買い取ってもらえるかどうか心配なんですが…」
というものがあります。
もちろん、売掛債権をお買取りするファクタリング会社にとって売掛先様の規模は大きな評価軸の一つですが、私たちは売掛先様の規模だけで売掛債権を評価したりはいたしません。

重要なのはお取引の履歴

たとえ規模が小さな売掛先様であっても、貴社と過去から継続的なお取引があり、大きくお取引額が増減することなく継続して売り上げが上がっていて、毎月きちんと入金されている履歴が確認できるような売掛債権であれば十分にお買取りを検討させていただくことが可能です。
逆に、お取引先様が大手企業であってもこれまでのお取引履歴が全くなく、新規取引での売掛債権である場合などはお買取りまでの審査に時間がかかったりするケースもあります。

売掛先様の規模が小さい場合にお買取りを慎重にご判断させていただくケースがあることは確かに事実なのですが、私たちNSキャピタルマネジメントは売掛債権の内容を多面的に審査してお買取り可能かどうかの判断をさせていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

ファクタリング会社の審査基準や売掛債権に対する評価の基準は各ファクタリング会社の方針によって大きく異なるケースもあり得ます。
先日も、他社でものすごく低い掛目で評価されていた売掛債権を弊社にて審査をさせていただいたところ、お取引履歴などを勘案すればもっと高評価でき、お手数料も低く抑えることが十分可能であったため、弊社にお乗り換えいただけたお客様がいらっしゃいました。

いかがでしょうか。
納得がいくファクタリング取引を行うためにも、できるだけ多くの情報を集めていくことが大切です。
月末の資金繰りの確認は是非ともお早めに。
他社の査定にご納得がいかなかったお客様は是非NSキャピタルマネジメントへご相談ください。
最短即日、貴社の売掛債権を正当に評価し、資金繰りのお手伝いをいたします。