ファクタリングと資金繰り

ファクタリングはずっと使い続けるものではありません

ファクタリングは、ご承知の通り売掛金を売却することにより、既に完了したお仕事に対する売掛金を早期に資金繰りに活用する資金調達方法です。
あくまで、「短期的な見通しでの資金繰りの帳尻を合わせる」ために活用するものであるとお考えいただければ幸いです。

長いスパンで考えるならば融資を獲得する方法も並行して検討すべき

事業資金を調達するのであれば銀行融資を検討されるのが通常でしょう。
その中で、急に発生した入金ずれなどによる資金不足で、融資による資金調達では審査対応が間に合わないというケースについてはファクタリングで帳尻を合わせることに何ら問題はないと思います。
ただ、既に「融資を受けられない」状態になっているのであれば、月末の資金不足を回避するためだけにファクタリングを活用するのは危険です。
現状、融資を受けることが難しくなってしまっている理由を合わせて検証し、ファクタリングを短期的に活用しながら、何らかの形で長期的な運転資金を獲得する方法を検討していかなくてはなりません。

ぜひ、弊社の係員にご相談ください

例えば税金の未納により新規の融資を受けることが難しくなっているのであれば、月末の資金繰りと合わせて未払いの税金を納付し、翌月の月末までに新たな融資を獲得して資金繰りの見通しを立てるところまでセットで考える必要があります。
御社の資金繰りの状況を詳しく把握することで、弊社の係員が先々の資金繰りの見通しを立て、ファクタリングを活用しながら資金繰りを正常化していくアドバイスを行うことができます。
是非お気軽にご相談ください。